海外の老人ホームを選ぶ

バナー

海外の老人ホームを選ぶ

有意義な老後を送るためには、良い老人ホームを選ぶことが大切です。

日本では年金をもらえるかどうか定かでなく、少子高齢化が進む中で、多少の資産を持って海外の老人ホームに入居する人が増えました。

海外の保養地では、老後くらいはゆっくり暮らしたいという日本人のニーズに合わせて、日本人向けの施設も開発している地域があります。



国によって異なりますが、物価が日本の10分の1で生活できる国もあります。そのような国の老人ホームに入居すれば、資金面の不安がありません。
かつて老後をハワイで送るというスタイルが流行りました。
しかしハワイは世界で最も物価が高い地域の一つです。
経済的な理由で海外を選ぶ場合、現実的とはいえません。

安心できる老人ホームの情報はここで調べよう。

現在人気があるのは、東南アジアです。

All Aboutのお役立ちコンテンツ満載です。

特にフィリピンは物価が安く、日本人高齢者を対象にしたエリア開発に積極的に着手しています。
またビザなど滞在許可の優遇も受けることができます。

日本人が好んで住む国は、安全な地域であると世界にアピールすることができるので、温かい対応をします。

一方で、海外の老人ホームを選ぶときに注意するべきポイントがあります。

まず、治安や医療設備が整っているかです。


海外で老後を送る場合、必ず現地の病院の世話になります。

そのときに適切な医療を提供できるか確認します。

また、海外のどんな場所でも問題になるのが、言葉の壁です。

比較的日本人のコミュニティが既に形成されている地域を選びます。